LESSON

現在、入院・療養のため全てのレッスンをお休みさせていただいております。復帰は8月中旬〜下旬を予定しておりますので宜しくお願いいたします。

2020/8/1

アシュタンガビギナークラス (75min)

運動量 ★★

初心者おすすめクラス


アシュタンガヨガの動きをベースに、初めての方にもチャレンジしやすいように、呼吸法、コア(バンダ)の使い方を含めたアシュタンガのルールなど基本的なことからはじめていきます。

現在オンラインクラス

月曜日

10:00pm~11:15pm (75min)



アシュタンガハーフクラス (90min)

運動量 ★★★

経験者向け


ヨガ経験者、アシュタンガヨガ経験者の方に向けた中級〜上級クラス。ハーフプライマリーからフルプライマリーを目標に、よりご自身に向き合う練習をしていきます。難しいポーズも出てきますが、少しずつ続けることで身体が自然と浄化され、強くなっていくを感じられます。

毎週木曜日

10:00am~11:30am



リラックスクラス(75min)

マタニティーの方のご参加OK

運動量 ★


studio RaF の中では一番優しいクラス。ポーズに入る前に呼吸の練習、そこから少しづつ身体を解していきます。マタニティの方がご参加の場合は出産に向けての準備ポーズ、不調や不安を緩和できるようにレッスンを進めます。ヨガ初心者の方はもちろん、怪我をされている方、体力に自信のない方もご参加いただけます。

毎週月曜日

2:00pm~3:15pm


マイソールクラス(フルプライマリーまで)


運動量 ★~★★★

初心者〜上級者まで


アシュタンガヨガの自主練クラスです。時間内であれば開始時間も終了時間も各自自由です。

必要に応じてインストラクターがアジャストします。

ご自分のペースで練習できますので、ゆったりと自分に向き合い、苦手なポーズの練習やインストラクターへの質問も可能です。


毎週金曜日

第2日曜日

9:30am~11:30am(FrexTime)



パーソナルセッション

運動量 ★〜★★★


☆時間・場所応相談


ご自宅や学校、イベント等でヨガに触れたい方

ZOOMを使ってのオンラインクラスも可能です。

ご相談を随時お受けしております

下記お問い合わせより、ご相談ください。






PRICE

ドロップイン           1800円/1回

回数券           6000円/4回 

            11500円/8回

            14000円/10回  

ご予約


*レッスンのご予約締め切りは前日19時です。19時以降、また当日のご予約は対応できない場合もございます

*お電話番号/メールアドレス両方の記載をお願いいたします

*夜間のお問い合わせの返信は翌日以降になることがございます

*ドメイン指定をされている方はstudioraf.yoga@gmail.com をご指定ください

*携帯会社のキャリアメール(@docomo.ne.jpや@ezweb.co.jp)は返信が出来ない場合もあります のでお問い合わせの際は必ずお電話番号の記載をお願いします

Moonday

満月の日のレギュラーレッスンはお休みです


2019年度 満月🌝

1/21(月) 2/20(水)  3/21(木) 4/19(金)

 5/19(日) 6/17(月) 7/17(水) 8/15(木)

 9/14(土) 10/14(月) 11/12(火) 12/12(木)


なぜ満月の日はお休みなの?

(興味のある方はお読みください)

アシュタンガヨガを練習する者は、満月と新月の日をムーンデイと呼び、アーサナ練習をお休みします。アシュタンガヨガの継承者、グル シュリ・K・パタビジョイス氏の生徒であり、世界でも有数のサーティファイド・アシュタンガヨガ講師の一人である、カリフォルニア州のティム・ミラー先生のサイトのムーンデイの説明の日本語訳を掲載します。


ムーンデイについて:

水の性質を持つすべての物質と同様、70%以上が水分で構成されている人間は、月の満ち欠けの影響を受けます。月の満ち欠けは、太陽に対する月の位置によって定められます。満月は月が太陽に反する位置にある時、新月は太陽と並ぶ時に起こる現象です。地球は、月の引力と太陽の引力の両方の影響を受けます。この二つの位置関係が及ぼすエネルギーの波は、呼吸の広がりと収縮に似ています。満月のエネルギーは、息を吸いきった時、プラーナ(微細な生命エネルギー)が最も満ちている状態に等しい。それは上へ引き上げられるような拡散のエネルギーであり、人間は活発に、また感情的になりやすい時です。逆に地に足をつけるような落ち着きがあまりない時です。ウパニシャッドによると、プラーナは頭の中に生きています。 よって、人間は満月の時は頑固になりやすい傾向があります。新月のエネルギーは、息を吐ききった時、アーパナ(5種類あるプラーナの一種 で、排泄を促すエネルギー)が最も強い状態です。アーパナとは収縮し、下へ引き下げる力なので、人間は落ち着きを増し、静かになりやすくなります。このような新月のエネルギーは重く感じるので、人間を含む動植物は、あまり動きたくなくなります。米国ファーマーズ・アルマナック(1818年より印刷されている天気や天文学の情報を記載した年鑑)は、根付く力の強い新月時に種を植えることを勧め、開花の力が最も強い満月時に移植することを勧めています。アシュタンガヨガを練習していると、自然のサイクルに敏感になっていきます。自然と調和のとれた生き方は人間本来の在り方です。ムーンデイを守ることは、自然のサイクルを尊重する方法でもあります。(ティム・ミラー先生のサイトより)